©UNICEF/HQ98-1084/Pirozzi/小学校の校庭で笑顔を見せる子どもたち

©UNICEF/HQ00-0578/Noorani/支援で作られた井戸の水で水遊びする子ども

上:©UNICEF/HQ98-1084/Pirozzi/小学校の校庭で笑顔を見せる子どもたち
下:©UNICEF/HQ00-0578/Noorani/支援で作られた井戸の水で水遊びする子ども

提供:(財)日本ユニセフ協会

世界の子どもたちが、いつも笑顔でいられるように。

 私たちロキテクノは世界の子どもたちの笑顔のために、ユニセフの活動を支援しています。
 世界の水問題を啓発し、マダガスカルでユニセフが実施している「水と衛生」プロジェクトを支援する「TAP PROJECT」をボランタリーパートナーとして応援するほか、同プロジェクトに対して直接寄付を行っています。
 今でも世界では5歳の誕生日を迎えられず、毎日2万人、1年間に760万人の子どもたちが命を失っています。これは3秒に1人の割合で亡くなっていることになります。その原因のひとつは汚れた水による下痢などの病気のためなのです。
 私たちの寄付はそのような子どもたちを守るための「安全な水の確保」に使われます。「always smile」。私たちロキテクノには笑顔があふれています。 その笑顔を世界中の子どもたちと分かち合いたい。それが私たちの想いです。

ムービーを見る

TAP2013

未来の子どもたちに、澄んだ空気と緑が残せるように。

 ロキテクノでは、地球環境保護活動の一環として、サンゴ礁育成の支援に取り組んでいます。
 サンゴにはCO2を吸収し、海水を浄化する働きがあり、プランクトン・小魚たちの育成の場となっております。私たちは、美しい地球を未来の子どもたちに残せるよう、2012年よりNPO法人コーラル沖縄様が主催するサンゴ植え付けプログラムに支援を行っています。

未来が自然豊かな地球環境であるように。

 ロキテクノは、日本が誇る優れた水循環を未来永劫変わらぬ姿として残すべく環境省が提案し官民連帯で進めていく「JAPAN Water Style」に2015年から賛同しました。
 すべての人たちがいつも笑顔でいられるように、未来が自然豊かな地球環境で安心して暮らせる社会に向け、我々が有する濾過技術により工場で使用される液体のトラブルを解消するとともに、あらゆる方面での水循環、水循環保全の健全化に向け技術躍進を心がけております。

富山グラウジーズ

地域との融合から夢と元気と笑顔が生まれています。

 ロキテクノの拠点である東京、富山、それぞれの地域との融合を図る目的でスポーツ振興活動を行っています。
 本社地域では7人制女子ラグビー「東京フェニックス・ラグビークラブ」へ支援、北陸工場地域では社会人硬式野球「ロキテクノベースボールクラブ」の運営を行っています。
 選手、スタッフ、サポーター、地域の皆様と共に挑戦し、共に喜び、共に笑い、地域と融合することから多くの夢と元気と笑顔が生まれています。 私たちはこれらのスポーツ振興活動を通じて地域を活性化し、青少年の健全育成に貢献したいと考えています。




さらなる高みを目指して。

 ロキテクノはプロ野球「横浜DeNAベイスターズ」、車いすテニスプレーヤー齋田悟司選手を応援しています。現状に満足することなく高い目標を掲げて戦い続ける彼らの姿に共感し、私たちロキテクノも夢に向かってさらなる高みを目指して、ともに挑戦しています。

ムービーを見る

齋田悟司選手のブログを見る

always smile ROKI

笑顔から生まれるエナジーを原動力として

 環境保全活動、地域活性化活動、人道支援活動……。一人でも多くの人が笑顔でいられるように、ロキテクノはこれからも社会貢献活動に取り組んでいきます。
 そして笑顔から生まれるエナジーを原動力として私たちは一歩一歩、力強く夢へ向かって邁進していきます。

社会貢献活動報告

ロキテクノの事業活動は多くの皆様に支えられて成り立っています。皆様への感謝の気持ちを、社会に、環境に、地域に、
還元するための活動に変えて、全社一丸となって社会貢献活動に取り組みましたので、その内容をご報告いたします。

  • 2016年度 社会貢献活動報告書
  • 2015年度 社会貢献活動報告書