フィルターのロキテクノ

ロキテクノってどんな会社?

  • ロキテクノってどんな会社?
  • フィルターができること
  • 社内風景
  • 社員の声
  • 社内制度・社内活動
  • 先輩社員の仕事紹介
  • 募集要項
  • 先輩社員の仕事紹介

濾過技術で産業と環境、社会に貢献しています

 ロキテクノは1978年に産業フィルターの専門メーカーとして産声を上げ、産業界の製品づくりとその成長を支えてきました。この歩みの中で、ロキテクノの根幹にあるテーマ、「濾過技術」について研鑽を積み、フィルトレーション事業(産業用液体濾過フィルター)を中心にシステムソリューション事業(オゾン発生装置・圧力容器・水処理システム)、コンシューマー事業(家庭用ポット型浄水器・自然気化式加湿器等)を通じて、生活のあらゆるシーンで活躍の場を広げています。

濾過において固有技術を有し、エレクトロ二クス分野などの先端産業で活躍しています。また、濾過技術はマイクロメートル(1/1000mm)単位の粒子をコントロールする、とても繊細なものです。そのため、対象に合わせたカスタムメイドでお客様に製品を提供することもあります。私たちはそうしたお客様のニーズに対し、クイックかつタイムリーに応えることで、世界中のお客様から信頼を得てきました。

ロキテクノは今後も産業界から期待され、必要とされる存在であり続けるために、将来を見据えた新製品開発に取り組んでいます。ロキテクノにかかわるすべてのお客様が笑顔になることを願って、社員一人ひとりがその想いを形にしていきます。


どんなことをしている会社?

各種産業の製造工程に使用される液体濾過用のフィルターカートリッジおよびフィルターシステムの製造・販売を主力事業としています。

こんなところでロキテクノ

業種データについて

分野別売上高比率分野別売上高比率

ケミカル分野が大きな割合を占めていますが、エレクトロニクス・ライフサイエンス・水処理の分野にも注力しております。幅広い分野に製品を提供しているため、特定の業界の景気に左右されず、安定した売上基盤があることも強みの一つです。

地域別売上高比率地域別売上高比率

海外拠点の設立など海外展開を積極的に進めており、今後、海外の売上比率はさらに高くなる見込みです。


得意分野について

フィルターカートリッジによる精密濾過技術
精密濾過には大きく分けて「清澄濾過」(液体中のすべての粒子を取り除く)と「分級濾過」(特定の粒子径サイズ以上の大きさの粒子のみを取り除く)の二種類ありますが、ロキテクノは特に「分級濾過」を得意としています。
濾過について詳しく知りたい人はこちら

エレクトロニクス・ファインケミカル分野にてトップクラスのシェア
セラミックコンデンサ、フラットパネルディスプレイ、二次電池、記録メディア等のエレクトロニクス分野、フォトレジストなど感光性材料、機能性インク等のファインケミカル分野においてトップクラスのシェアを誇っています。 また、濾過技術を活用し、アルコール飲料、清涼飲料などの食品・飲料分野のシェアも拡大中です。

オゾンガス・オゾン水発生装置による水処理技術
オゾンは強力な酸化力を持ち、残留性がないことから、環境に優しい酸化剤として使用されています。当社のオゾン技術は食品・飲料・製薬分野での製造用水の殺菌、エレクトロニクス分野での液晶パネルやウエハーの洗浄、水処理分野での工業排水の脱臭・脱色などで産業と環境に貢献しています。

ロキテクノの会社概要をご覧になりたい人はこちら

ページ上部へ